調査事業

高圧洗浄車

鉄道インフラの安全を未然に確保

FCR工法(伏び管更生) FCR工法協会
一次調査

現場とその周辺環境について目視による調査を実施します。
・場所確認        ・管内状況確認
・周辺道路状況調査  ・その他掌編環境調査 等

管径150mm以上 自走カメラ装備
浚渫工事

横断管内に堆積したり付着している土砂を洗浄、撤去します。
・高圧洗浄車により管内土砂を水圧で掻き出します。
・掻き出した土砂は強力吸引車で吸引し、産廃処理します。

管径150mm以上 自走カメラ装備
1.カメラ調査

管内を自走式カメラでヒビ割れ、変形、接続部のスレ等を詳細に調査します。
・TVカメラを走行させ、管内の状況を撮影します。
・同時に異常個所について、管口からの距離、位置等を正確に測定します。

2.工法選定カメラ調査

カメラ調査の結果を分析し、最も適した修繕工法を選定します。
・ライナー工法     ・推進工法
・3Sセグメント工法   ・その他工法

管径150mm以上 自走カメラ装備
3.材料製作

決定した工法に合わせ、適切な修繕材料を製作します。
・材質、管径、形状等を調査データに応じて工場で製作します。

4.更生工事

選定された工法と製作した資材で、管を更生します。
・流水性能 ・管強度 ・その他

管径150mm以上 自走カメラ装備

上下水道、農業用水、工場配管等の埋設管の修繕

3SICPブリーフ工法  3SICP技術協会

地中インフラや工場構造物内に埋設された配管など、掘り返して新品と交換する事が困難な場合、
既設管の損傷の程度や管径に応じて既設管野内側に新しい管を構築して本来の管ん機能・強度を回復する工法です。


◆ 管内を高圧水圧で洗浄します。
◆ 洗浄され綺麗になった管内をロボットカメラで調査します。
 (360°位置特定)

◆ ヒビ、潰れ、湾曲等の損傷状態を確認し、最適な工法を選択します。

小口径(φ800以下)
管内にFRP(ガラス繊維+プラスチック)をエアーで反転させた後に、
硬化させて管を構築します。

大口径(φ800以上)
管内にプラスチックピースを輪状に組み立てた
部材を挿入し、連結していきます。
合せ目は接着剤により防水されます。(水中施工可)
曲線ピースと直線ピースの組み合わせなので、
管の形状は様々な形状に対応可能です。
(馬蹄形、四角形、etc)

既設管と新設管との隙間にグラウト剤を注入し 強度を確保します。