第1プラント

第1プラントは、主に木くず、廃プラスチック類、廃油、感染性廃棄物などの焼却処理や木くず、廃石膏ボードの破砕処理を行う施設です。

焼却処理施設

焼却処理施設

1日16時間稼動で24t(混合)の処理能力を持つ多段式ストーカー炉です。焼却許可品目は木くず、紙くず、金属くず、ゴムくず、ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず、廃プラスチック類、廃油、繊維くず、動植物性残さ、汚泥の産業廃棄物10種と、特別管理産業廃棄物(廃油(揮発油類、灯油類及び軽油類に限る)、感染性産業廃棄物)です。
燃えがらは、歩道ブロック等の二次製品に骨材として約90%を再利用し、他の10%は管理型最終処分場で埋立処分とします。

処理能力 廃油 15t/日 廃プラスチック類 16t/日
汚泥 7㎥/日 その他 24t/日

焼却処理施設作業イメージ

廃石膏ボード破砕処理施設

廃石膏ボード破砕処理施設

建築施工及び建築物解体工事で発生する石膏ボードのリサイクル推進。 廃石膏ボードを破砕、分別し、再資源として利用。

処理能力 廃石膏ボード 16t/日(2t/h×8h)

廃石膏ボード破砕処理施設作業イメージ

木くず破砕処理施設

木くず破砕処理施設(移動式含)

建設リサイクル法による建設資材(建設廃木材)の再資源化。
伐採した枝、幹、伐根材のリサイクル化。

木材チップを再資源化
〈用途例〉家畜敷材・堆肥原料・舗装材・炭化利用・マルチング材・燃料用チップ・ボード原料

木くず破砕施設
木材チップヤード木材チップヤード
処理能力 廃木材(根・幹・枝・葉) 117t/h

木くず破砕処理施設(移動式含)作業イメージ

有機汚泥処理施設

有機汚泥処理施設

飲食店、ホテル、旅館などの厨房のグリストラップの清掃で発生する汚泥を脱水処理する施設になります。

※グリストラップとは厨房からの排水に含まれる食品カスや油脂分を分離・捕集・低減するための油水分離装置のことです。

処理能力 汚泥(有機性のものにかぎる) 20.5㎥/日
【原水タンク】木くず破砕施設
【脱水機】木くずチップスヤード
【凝集剤タンク】木くず破砕施設
【沈殿槽】木くずチップスヤード

有機汚泥処理施設 作業イメージ

廃酸・廃アルカリ処理施設

廃酸・廃アルカリ処理施設"/

日本では水質汚濁防止法により、様々な項目について排水基準が定められています。その基準項目の一つとして「水素イオン濃度(pH)」があります。
排水可能なpHは前述法により、5.8〜8.6と定められています。これを満たさない廃酸や廃アルカリは「中和」処理を行うことが必要となります。

処理能力 廃酸・廃アルカリ 4㎥/日
木くず破砕施設
木くずチップスヤード

廃酸・廃アルカリ処理施設 作業イメージ