解体工事業

建設物解体業

建設物解体業

解体工事 作業工程

現地調査・着工前打ち合わせ 施主様・発注者様からのご依頼を受け現地の調査を行います。
見積り範囲や解体内容等の確認・調査を行い、解体見積書の提出をいたします。
着工前打ち合わせは、工事を確実にまた安全に行うための重要な作業です。
・施主様、発注者様との工事範囲の確認
・設備(電気配線やガス配管など)の撤去の確認
・仮設水道設置の手配
・必要に応じ、警察署への道路使用許可届やその他の手配を行います。
・近隣住民、関係施設へのご挨拶を行います。
解体工事の開始 1.シート養生 近隣への埃防止、解体物の落下など危険防止のため設置します。2.工事車両の進入ルートの安全確保 歩行者や車の通行支障がおきないように、工事車両の進入ルートの確認を実施します。
また、必要に応じ誘導員を配置します。 3.建物内部の工作物の撤去 畳やサッシ、家具等は、手作業により分別解体を行います。 4.建物本体の解体 建物(屋根、躯体、基礎)を順次分別しながら、重機を使用して解体します。 5.搬出 解体した廃棄物は自社車両にて運搬し、自社プラントにて適正処理を行います。
解体工事の完了 ◯ 解体用の資材、機材等の引き下げ、現場周辺道路の清掃を行います。
◯ 整地工事が完了した後、施主様、発注者様立会いの元、工事完了の確認を行います。